「大人の遊び」 体験してきた

Published by TairaTakumi on

沖縄 ライブ撮影

こんにちは。

出張フォトグラファーの平良です。

詳しいプロフィールはこちら⬇︎初めての方はじぇったい見て欲しい。

自己紹介

行ってきましたよ。

大人の遊び場、

 

 

 

「JAZZライブ」

はい。「よこしま」なこと考えてた方。こっから先を読まずにイイネ押さないで。

今回の撮影は、友人の宮林エイスケさん

現在、航空自衛隊の音楽隊でリードトロンボーンを務めるミュージシャン。素敵な奥様と、可愛い2人のお子様を持つ、素敵なパパであります。エイスケさんは落語が好きで、「〜とかけまして」が大の得意。

エイスケさんと友達になった方は、ぜひ無茶振りしてみて下さい。完璧に返してくれます。

エイスケさんいじり終わり。

彼もまた、「好きなこと」を職業にした一人。

自作の曲も多く、彼らしい素晴らしい音に酔いしれました。

高すぎず、低すぎないその音色は、

まるで時の流れを操っているような、緩やかで、どこまでも優しい、、。

思わず目を閉じて聞いている私がいました。

あ、うそです。

本当は、撮影に集中していたので全然聞いてません。雰囲気で言いました。さーせんw

今度のライブでは、ウィスキーや瓶ビールを飲みながら聞きたいです。

興味のある方はお誘いしますね。

そして、彼の隣にはあの世界的に有名なトランペット奏者のヒロ野口さん。

初めてお会いしましたが、演奏をしているヒロさんは、素人目に見てもオーラが違いました。とても情熱的な演奏で、あれほど細かく高度な曲も、音の一つ一つに魂を込められている。そう感じました。

その一方で、話すととても気さくで、優しい笑顔の持ち主でした。

はい。ヒロさんへのアピールを終わります。(完璧)

ここからは、ジャズを生で聴いてみたい方へ、ライブの雰囲気などを。

私はずっと撮影をしていたので、全体の雰囲気は誰よりも見えていたと思います。

まず、これまでの私のライブの前提は、

「音楽に乗って楽しくはしゃぐ」です。

楽しいですよね。ライブ。

アーティスト、会場の観客とが一体になり、ちょ〜上がる〜ウヒョー↗︎。みたいな。

しかし、ジャズライブは全く雰囲気が違いました。

まず、マイクは投げない。いや普通投げないか。

そして、頭を振らない。飛ばない。叫ばない。

こう、前の人がテンション上がりすぎて、

その人の手が自分の顔(My face)に当たって、あいた!><

ってなって、それが思いの他痛くて、テンション下がって、隅っこでFBやる。

みたいなのない。

うん。説明下手か。

まとめると、

「ただただ、黙って音楽に酔いしれる」

という感覚が妥当だと思います。

もっとわかりやすく言うと、

「The・大人」

 

今回は、撮影のためじっくり聴くことができなかったので、次回は必ずじっくり聴いてやるつもりです。

ちなみに、一緒に行った妻は大満足でした。

また次も「ジャズる」とか言ってたとか、いないとか。

ミュージシャンの皆様、この度は大変ありがとうございました。

また必ず聴きに行きます!

 

 

こんな感じでカメラマンしながらライティングの勉強中です。

記事を書いて欲しい!撮影して欲しい!

という方はご連絡ください。

シェア大歓迎!!むしろそのためにうんぬんかんぬん。

〇●〇●〇●〇●〇

沖縄での出張撮影なら、お任せください^^
 ・ウェディング、結婚式・二次会、マタニティフォト
 ・七五三、家族写真、集合写真
 ・企業撮影、プロフィール写真 etc…
フリーカメラマンが柔軟に対応いたします!
お問い合わせはこちらから。

〇●〇●〇●〇●〇

フェイスブック

https://www.facebook.com/takumi.taira.56

インスタグラム

https://www.instagram.com/takumi_taira/

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。